プラセンタ原液100

プラセンタの原液とは?

美肌効果が高いプラセンタの化粧品は数多く存在しており大変人気になっていますが、、どれを選んだらよいのか迷ってしまう方も多いと思います。

 

さらに「プラセンタ原液100%使用品」とか「プラセンタ高濃度配合品」などと表現されて販売されていますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

結論から言うとプラセンタ原液というのは、胎盤から有効成分を抽出したばかりのエキスそのもののことです。

 

この時点では胎盤が本来、含有している有効成分と水分のみが混合している状態の液体です。

 

さらに水などで薄めたり、ほかの化粧品成分などを加えて加工したりする前の状態の液体です。

 

ただし、原液という表現に対する厳密な規定は現在のところは無いのが現状です。

 

だから「原液100%」とうたっていても水などで薄められているプラセンタ原液も販売されている可能性があります。

 

そのために信頼できるメーカーの商品を選ぶなど良く注意して購入することが必要です。

 

製品の成分配合表などを良くみて、本当に原液100%なのかを見極める必要があります。

 

又、プラセンタの原液を抽出する方法には水を一切使わずに抽出する「酵素分解法」や「凍結酵素抽出法」「低温殺菌法」などがあります。

 

これらの方法で抽出することでより濃度の高い高品質なプラセンタの原液を精製することが出来ます。

 

しかし、これらの抽出方法は大変な高額なコストがかかるため、当然、商品の値段も高額なものになってしまいます。

 

又、各メーカーによって原液100%、濃度100%、純度100%などの表示をしていることがありますが、これらの表現にも厳密な規定はないため注意が必要です。

 

というのは、元々のプラセンタの原液は濃度100%だったとしても、それを美容液として加工する製造過程の中で水やその他の成分が加えられていることもあるからです。

 

一切混じりけのない100%プラセンタ原液のみの美容液を購入する際には最初に成分表を確認することです。

 

成分名の表示内容の一番最初にプラセンタ原液という表示があるものを選ぶことが重要です。

 

ただ、そういったプラセンタ原液の場合でも、100%プラセンタエキスのみ使用の美容液は現在のところは販売されていません。

 

プラセンタ原液以外にも、いくつかの成分が配合されているものが殆んどです。

 

それらの成分にはベンチレングリコールやフェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノンといったものがあります。

 

 

ただ、これらの成分はプラセンタの効果を高めるためのものとして配合されているので全く問題ではありません。

 

プラセンタ原液の美容液は加工されたプラセンタ化粧品より効果が高い!?

プラセンタには、お肌の美容に良い成分であるアミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸、活性ペプチド、ヒアルロン酸、細胞を増殖成長因子などがたっぷり含有されています。

 

これらの有効成分を出来るだけ破壊せずに抽出した原液で、尚且つ、加水などの加工で薄められていない高濃度のプラセンタ原液の美容液なら、より高い効果が期待できるでしょう。

 

ただし、先に述べたように「原液」であっても濃度が高いとは限りません。

 

必ず成分表を確認して見るようにすることが必要です。

 

最近は「生のプラセンタ」というタイプのプラセンタも開発されていますが、これは抽出過程において加熱殺菌が施されていない非加熱殺菌のプラセンタです。

 

ただし、保存に要冷蔵などの細かな注意が必要なので、まだまだ一般では実用的ではないのが残念です。

 

プラセンタは豚や馬の胎盤を使うため加熱殺菌は不可欠な製造方法でした。

 

しかし最近では特殊なフィルターや高圧処理などの最新技術により加熱殺菌をしなくても不純物や細菌などの除去が可能になっています。

 

そのために加熱によって破壊されてしまう有効成分をより多く残すことができるようになり、さらに高い美容効果が期待できるようになっています。

 

このように、「原液」と書かれてあっても一概に効果が高いとは限りません。

 

また、「高濃度プラセンタ」とうたっている化粧品や健康食品も多くありますが、高濃度のものが必ずしも効果が高いとも言い切れません。

 

使用されているプラセンタの原液を胎盤から抽出する際、抽出方法によっては含まれている有効成分の多くを失ってしまう場合もあるからです。

 

見極めるポイントとしては、プラセンタに含まれるアミノ酸やミネラル、ビタミン、成長因子などの有効成分をできるだけ壊さない抽出方法で抽出したプラセンタ原液であるかどうかです。

 

さらに水などで薄めていない状態のものであれば、より高い効果が期待できると言えます。

 

より高い効果を求めてプラセンタ原液を選ぶのであれば、成分や原料のほか、製造過程などもチェックする必要があると言えるでしょう。

 

プラセンタ原液100%のお試し品がある一番のおすすめ美容液は!?

 

以上のような観点からプラセンタ原液100%の極上の美容液を選ぶとなると、このサラブレッドプラセンタ原液が一番のおすすめ品です。

 

10日間のお試し品が今なら、送料無料の2,700円で利用できるのでおすすめです。

 

 

>>プラセンタ原液100% サラブレッドプラセンタ原液

 

 

このサラブレッドプラセンタ原液は製造工程で加水を一切していないプラセンタ原液100%の美容液です。

 

又、最高級の北海道産のサラブレッドのプラセンタのみを使用しています。

 

そして低温殺菌法という独自の製法で精製されているため、タンパク質が分解されずに成長因子が多く残っています。

 

サラブレッドプラセンタ原液7つの特徴とこだわり

 

NO1:加水なしの原液100%

濃度の高いプラセンタの有効成分を含んだ原液を抽出するために製造工程において加水は一切行わない抽出方法を採用しています。

 

そのために原材料の表記に水は書かれていません。

 

現在は法律により成分表には含有している成分量が多い順番に書くことが義務付けられています。

 

他のメーカーのプラセンタ原液の美容液の成分表を見ると、ほとんどの製品が一番最初に「水」と書かれています。

 

このサラブレッドプラセンタ原液では一番最初にプラセンタエキス(馬)と記載しています。

 

サラブレッドプラセンタ原液はプラセンタ原液100%の極上の美容液です。

 

NO2:北海道産サラブレッドのプラセンタ

プラセンタには馬プラセンタ、豚プラセンタ、羊プラセンタ、植物性プラセンタなど、色々な種類があります。

 

この中でも一番、プラセンタの有効成分が多いのが馬プラセンタです。

 

サラブレッドプラセンタ原液は、その名称通り、馬プラセンタのみを使用しています。

 

又、北海道産のサラブレッドのプラセンタを100%使用したプラセンタ原液です。

 

厳格な品質管理のもとで、検査に合格したプラセンタしか使用していません。

 

NO3:非分解プラセンタを使用

一般のプラセンタは酵素分解によってタンパク質が分解されてしまっているプラセンタを使用しています。

 

それは酵素分解による製法がコスト面で安くなるからです。

 

そして分解することでプラセンタの効果は低くなると言われています。

 

しかしサラブレッドプラセンタ原液では分解されていないプラセンタを使用しています。

 

そのため、タンパク質が分解されずに残っています。

 

グラフではサラブレッドプラセンタ原液のタンパク質組成は加工前のプラセンタと同様の成分組成であることが分かります。

 

NO4:低温殺菌法により成長因子がたくさん残っています

 

サラブレッドプラセンタ原液は感染症の防止のために馬プラセンタを加熱殺菌しています。

 

この加熱殺菌は通常の方法ではプラセンタの有効成分を残すことが出来ません。

 

しかし独自の低温の遠赤外線殺菌法を採用しているため、タンパク質が分解されることなく、プラセンタの成長因子をたくさん残すことが可能になりました。

 

 

そのため、一般的な加熱分解製法に比べると成長因子(EGF)の含有量は5倍にもなっています。

 

NO5:独自の製造工程でプラセンタの匂いを軽減

プラセンタには独特の匂いがあり、この臭いが気になる人には敬遠される事があります。

 

しかし、サラブレッドプラセンタ原液は独自の製造工程でこの臭いを軽減することに成功しました。

 

又、プラセンタは劣化しやすいために、劣化しやすいプラセンタの部位は全て廃棄して生産されています。

 

毎日、使うものですから気持ちよく使っていただくために臭いにもこだわり生産しています。

 

NO6:7つのフリー処方を採用

サラブレッドプラセンタ原液は以下の7つのフリー処方で生産しています。

 

無香料、無着色、パラベンフリー、鉱物油フリー、酸化防腐剤フリー、紫外線吸収剤フリー、アルコールフリー

 

NO7:鮮度と衛生面を考えた使い切りタイプ

プラセンタの成分を新鮮なまま使用してもらうために、瓶ではなく、一袋に一回分を封入してあります。

 

一回分の量も顔だけでなく、首やデコルテ部分にも使えるようになっているので十分です。

 

又、袋に入ったタイプのため、旅行先や出先でも簡単に使用できるようになっています。

 

鮮度と衛生面を考えた使いきりタイプになっています。

 

 

>>プラセンタ原液100% サラブレッドプラセンタ原液

 

プラセンタ原液の一般的な製造方法

 

一般的なプラセンタ原液は次の10の製造工程を経て作られています。

 

1:プラセンタ(胎盤)の工場への搬入

 

2:プラセンタ(胎盤)の選別と洗浄

 

3:加水分解釜によるプラセンタ(胎盤)のタンパク質の分解

 

4:濾過工程

 

5:エイジング工程

 

6:加熱滅菌

 

7:超高圧抽出

 

8:濾過工程

 

9:高圧処理

 

10:高濃度プラセンタ原液の完成

 

1:プラセンタ(胎盤)の工場への搬入

冷蔵車によりプラセンタの原料が向上に搬入されます。

 

鮮度を保つために冷蔵の状態で運ばれて来ます。

 

凍結してしまうと解凍した時に有効成分が失われるため冷蔵の状態で運びます。

 

 

2:プラセンタ(胎盤)の選別と洗浄

工場に搬入された冷蔵プラセンタ(胎盤)を人の手によって検査、選別、洗浄します。

 

この作業は良質なプラセンタエキスを製造する前段階の処理なので、非常に重要な作業です。

 

人手による選別作業の後、特殊な洗浄機にかけ、雑菌や細菌を除去します。

 

3:加水分解釜によるプラセンタ(胎盤)のタンパク質の分解

加水分解釜に、プラセンタの原料と水そしてタンパク質分解酵素を投入します。

 

その後、加熱してプラセンタに含まれるタンパク質をアミノ酸のレベルまで加水分解します。

 

加水分解釜には特殊な振動エネルギーを発生させる装置が付いているものもあります。

 

この特殊な装置の働きによりタンパク質の分解効率が各段に上がることで、加熱時間を大幅に短縮出来ると言います。

 

この独特の特殊製法により、プラセンタの含有量が多く、尚且つプラセンタ独特の「臭い」を低減できると言います。

 

4:濾過工程

加水分解されて抽出されたプラセンタのタンパク質分解アミノ酸はさらに濾過器で濾過されます。

 

この時に使われるろ過機は機械式のもので約50ミクロン以下のフィルターで濾過され不純物が取り除かれます。

 

その後、さらに15ミクロンのフィルターを通しプラセンタの有効成分の濃度が上げられます。

 

5:エイジング工程

濾過工程を終えたプラセンタエキスの原液は冷凍と解凍を繰り返されて不純物が除去されていきます。

 

そして最終的に、解凍後の上層部に残ったプラセンタエキス(原液)のみを採取してさらに高純度にしていきます。

 

6:加熱滅菌

その後、加熱殺菌機械でプラセンタ原液の殺菌を行い、第一段階のプラセンタエキス原液が出来上がります。

 

7:超高圧抽出

プラセンタ原液を化粧品の原料として使用出来るようにするために、更に高純度にするため必用があります。

 

そのために更に「超高圧抽出機」にプラセンタエキスをかけて抽出を行います。

 

超高圧の245000キロパスカルに加圧したプラセンタエキスをマッハ4の相対速度で傾斜衝突させます。

 

これにより、プラセンタエキスの粒子は更に微細化されると共に、プラセンタの臭いが低減されるようになります。

 

そして、プラセンタエキスの粒子が微細化されることによってプラセンタエキスの粘度が低くなり、サラサラの状態のプラセンタエキスが出来上がります。

 

そのために高濃度の様々なプラセンタ美容液が生産される様になっています。

 

8:濾過工程

超高圧抽出機で処理されたプラセンタエキスは、更に0.22ミクロンのフィルターを設置したろ過機で濾過されます。

 

もう後、2工程で化粧品用のプラセンタエキスが完成するところまで来ました。

 

9:高圧処理

さらに高圧処理が施されます。

 

特殊な高圧機械で8の工程で完成したプラセンタエキスに100000パスカルの圧力を加えます。

 

この高圧処理を施すことにより、プラセンタエキス粒子の微小化、プラセンタエキスの熟成、細菌の死滅という効果がもたらされます。

 

10:高濃度プラセンタ原液の完成

以上の10の製造工程を経て最終的に高濃度のプラセンタエキス原液が完成します。

 

 

>>プラセンタ原液100% サラブレッドプラセンタ原液